+++ If you reserve for the year 2021 now, we can give you a 20% discount. Please send us an email. +++

マディディ国立公園

ラパス県の北部に、Madidi(マディディ)統合管理国立公園があります。面積は1,895,750ヘクタール、固有種の植物相、動物相を保護するために1995年に創設されました。ここにはボリビアの大部分の豊かな生態系があります。地球上の資源の特別な保護区として創設され、この地域だけではなく、世界的に重要視されています。この地域の気候はさまざまであり、アンデス山脈の氷のように冷たい気候から、低地の温暖な気候まであります。Puna(プーナ)地域内では、ユンガスやマデリナへ続く湿地帯があります。5,000~6,000種の植物、156種の哺乳類、1,100種の鳥類が生息していると言われています。

サン・ミゲル・デ・バラ 1泊2日

1日目:
1日目は、アマゾナス航空の正面にある、サン・ミゲル・デ・バラのオフィスを出発します。ガイドとルレナバケの港で合流し、ボートに乗り込みます。ボートで45分、ベニ川を上り、宿に到着したら、ウェルカムドリンクとしてトロピカルフルーツのジュースを差し上げます。
プライベートコテージに移動していただいた後、ガイドとジャングルを歩き、タカナ族の伝統的な狩りの方法について教えます。タカナ族が、いかにこの独特な罠を使い、獲物を仕留めるかを学びましょう。捕らえた獲物は今晩の夕食になるかもしれません。また狩人たちが、罠をしかけている間に集めていた薬草についても説明します。
宿に戻り、シャワーを浴び、すべて現地で栽培されたもので作られた、おいしい昼食をお召し上がりください(ベジタリアンフードもご用意できます。事前にお申し出ください)。昼食後はハンモックに揺られながら、川やジャングルの音を聞き、休みます。
休んだ後は、ガイドが、タカナ族の村であるサン・ミゲル集落へお連れします。そこで、観光業や、観光客のお金が、いかにサン・ミゲルの人たちの生活の改善の支えになってきたかを体験します。この集落がどのように構成されたか、ガイドから聞きながら歩きましょう。学校や、ガイドの家を訪ねたり、編み物、わらぶき屋根の作り方や、サトウキビの搾り方を学び、できたての甘いジュースをお楽しみください(少しレモンを加えたほうがよりおいしいです)。サン・ミゲル集落を訪れることで、タカナ族の人々の日々の生活を垣間見ることができると同時に、観光客のお金が彼らにとっていかに大きなものであるか、皆様は、お客さんでありながら、集落の所有者とも言えるでしょう。
夜は夕食を取り、コテージやハンモックでゆっくり休んでいただきます。
2日目:
朝は熱帯地域の鳥たちの鳴き声で目覚め、川沿いでおいしい朝食をとります。ガイドが1日のスケジュールを説明します。その後、カヌーでベニ川の合流地点まで上ります。そこから、20分ガイドと歩き、滝へ向かいます。そこには天然のプールもあります。プールに浸かって、歩いて疲れた体を休めましょう。道のりは簡単なものではないので、出発前にご自身の状態をガイドと確認してください。ハイキング後のご褒美として、滝の水を浴び、疲れた筋肉をほぐすことができます。
宿に戻って昼食を取り、荷造りをし、ルレナバケに戻ります。

ツアーに含まれているもの: 宿泊(1泊)、ツアー中の食事、ラパス-ルレナバケ間の送迎、現地ガイド(スペイン語)

ツアーに含まれていないもの: Madidiマディディ公園の入園料、飲料(炭酸飲料、アルコール類)、英語通訳

発言: また、日帰り、2泊3日、3泊4日、4泊5日でのツアーも可能です。

Price per person: 178 USD (minimum 1 person – shared tour).

For tours that start within 48 hours please send us an e-mail

VisaMaster Card